2013年9月18日 (水)

最後の他力本願

今までの試合用の矢は、ACE620でポイント90grでノッキングポイントを適正と思われるハイトに下げたところ、ベアシャフトが極端に右に飛ぶようになりました。その状態でシングルの30mでミスしたつもりはないのに8点に飛ぶ矢が少なくない状態です。

練習でも中り外れが激しい。実質ポンドを0.7~8ポンド下げたが大して変わらない。

そこで手持ちのACE620で5/8インチ矢尺が短いシャフトに
90grのポイントを付けた矢は、ベアシャフトは真っ直ぐ飛ぶが、30mで全然グルーピングしない。が、50mでは30mと同じ程度のグルーピングはする。INNO CXTとINNO EX POWERを使用していた時から、矢尺が短い矢では矢とレストやプランジャーのクリアランスが確保が出来ないためか、グルーピングが悪い気がしていました。

そんな訳で最後の他力本願(射ち方以外に中らない理由を求めた結果)で、ACEの570で前の試合用の矢よりクリッカープレートギリギリの1/8インチ長い矢を90grのポイントで作りました。

そして今日の午後に半日の有給を使って射場に行き、射った感じはかなり良かったです。しっかり的方向に弓を押して射って、矢の飛ぶ方向と弓が出て行く方向と押した方向が重なる感触を久しぶりに味わうことが出来ました。

まだ微調整は必要でしょうがちょっと迷路の出口が見えた気がしました。実質ポンドの調整によるスパインの調整と、プランジャーのチューニングでグルーピングが小さくなるところを探って行きたいと思います。

教訓としては、2つの距離でベアシャフトと羽付のシャフトの刺さった高さが違う状態では、いくらベアシャフトが真っ直ぐ飛んでもスパインは合っていないということでしょうか。

ノッキングハイトによっては、スパインの合っていないベアシャフトでも真っ直ぐ飛ばすことは出来ていしまう。(軟らかいシャフトでもノッキングハイトを上げればベアシャフトは真っ直ぐ飛ぶ)。でもその状態では異なる距離で羽付とベアシャフトは同じ高さに刺さらない。

なので、ベアシャフトが左右に刺さる位置でスパインを判断するのであれば、少なくとも2つの距離でベアシャフトと羽付のシャフトが刺さる高さを確認してから判断しないと、実際のスパインは分からないということになるかと思います。

文章ばかりで分かり難いですね。簡単に感覚的に言えば右利きの場合、右にばっかり大きく外す場合は矢を硬く、左に大きく外す場合は矢を軟らかくすると良いことがありそうな気がします。(ただしプランジャーをどれだけ調整しても上記の状態が改善できない場合と言う条件は付きますが。)

実際の矢の刺さる位置が左や右に外れなくても、フォロースルーで弓を右に振る人は矢を軟らかく、弓を左に振る人は矢を硬くすると良いことがあるかも知れません。

(参考)スパインがあっている状態で条件を変えた場合にスパインを合わせる方法。
矢を1サイズ硬くする:実質ポンドを4ポンド上げる
矢尺を1インチ短くする:実質ポンドを4ポンド上げる
ポイントを10gr軽くする:実質ポンドを1ポンド上げる

実質ポンドを1ポンド上げる:ポイントを10gr軽くする
実質ポンドを1ポンド上げる:矢尺を1/4インチ短くする ※1
実質ポンドを1ポンド上げる:羽を○○gr重いものにする

※1:矢を短くするとシャフトとレストやプランジャーとのクリアアランスが小さくなる可能性があります。

ノックによるスパイン変化
スパイン(シャフト)が軟らかくなる スパイン(
シャフト)が硬くなる
   ピンノック>Gノック>バイターインノック

ベアシャフトでスパインを合わせるには、レストやプランジャーにシャフトや羽が当たらないことが大前提になります。

レストのヒゲが倒れないようにテープで固定した状態と固定しない状態でベアシャフトの刺さる位置が変化しないことを確認したり、ノックを回して羽とレスト・プランジャーの位置を近付けたり離したりしても
矢が刺さる位置が変化しないことを確認したりしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

夏休み

盆休みに出勤したので先週1週間が振り替えで夏休みでした。一日おきに練習に行き、合間にバイクをいじったり乗ったり、嫁さんと温泉に行ったりと連休を満喫することができました。

弓の方は、1月前にハンドルもリムも前に使っていたPSEのX-Factorとプレセレクトのエクシードに戻し、矢もピンノック⇒Gノックと来てバイターインアウトノックを試しさらにバイターインノックに変えました。

そしてシブヤのレストのヒゲをちょっと細くて軟らかいステンレスの鋼線に交換したら、かなりグルーピングが良くなりました。

実際にはスパインの違う3種類のACEを使ってベアが真っ直ぐ飛ぶチューニングで比較しているので、それぞれの変更に合わせて、プランジャーとノッキングポイントも変更しています。

結局のところ、自分には軟らかめのノックとどちらかと言うと重めのポイントの矢、軟らかめのレストのヒゲが合っているようです。

スパインは矢のサイズ(しなりの量)を合わせただけでは弓とのクリアランスが十分取れない場合があるので、重めのポイントと軟らかめのノック(バイターインノック)の組み合わせから軽めのポイントと硬いノック(ピンノック)の組み合わせでパラドックスの周期を変えて一番クリアランスが確保できるところを探る必要が場合によってはあると言うことのようです。

また人によっては上下にパラドックスが生じることもあるので、レストのヒゲも硬め軟らかめを選択するとグルーピングが向上することもあるようです。自分はシブヤ純正よりは軟らかめにして明らかにグルーピングが向上しました。

で、どうすれば自分に合う矢やレストが分かるかと言うと、こればっかしは自分で試してみるしかないと思います。

使い古しのシャフトを引っ張り出して、カットしたりノックとポイントの組み合わせを変えたりして、射ち比べて見て下さい。矢と弓のクリアランスさえ十分確保できていれば、大外しした理由が分からないとうことはかなり少なくなると思います。

今後は現状のチューニングをN増ししながら更に煮詰めると同時に、ダメ出ししたINNOのハンドルとリムで軟らかめのノックと軟らかめのレストのヒゲでトライしてどうなのかを確認してみようと思っています。

日陰が無くなったら屋根のある70mで。面倒なので的は80cmで。
Pict0006_005

いつもの四谷の千枚田。
Pict0012_005

Dsc_7817_044_2

50mミスはあるもののちゃんと射てればこれくらい黄色に集まるエンドもちらほら。Pict0011_011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

スタビの見直し

エクステンションを4インチから3インチに換えても押し手の肩の痛みが軽減されないのでスタビを見直すことにしました。

パラボリックセンターの振動吸収は捨てがたいのですが、スタビ自体の重さは如何ともしがたいのでしばらく封印することにしました。

振動吸収は別にしてパラボリックセンターと同じ安定性(弓のブレ難さ)を得るには、281gのパラボリックセンターに対しシブヤのチタニウムカーボンに
ウェイトを4つ(ひとつは削ってあるので3つ半くらい)付けた状態の209gで十分でした。

重量差の70gはセンターより手前に付ければ確実に押し手の負担は軽減できるので、最近気になっている弓の手元のブレを押さえるべくサイドロッドのウェイトの追加にあてました。(シブヤのサイドキックにウェイト3つに1個プラスで4つ)

簡単に言うと弓重量を20g減らして重心位置を大分手前に持ってきました。まだ近射しかしていませんが、多少のリリースミスでも弓が左右に向く角度がかなり小さくなる感じがします。振動は大きくなりますが矢は弓を離れた後なのでこの際、気にしないことにしました。

思い返せば大学時代も、中っていた2007年もセッティングは手元が重めでした。自分にとってはこれが正解なのかもしれません。

正直な話、5インチくらいのエクステンションでアッパーなしでVバーを水平にして射てる人は真っ直ぐ押すことと正確なリリースに余程の自信がある人なんだろうなぁと思えてしまいます。

自分には一生無理・・・かな?^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

チューニングが煮詰まらなかった理由

社会人フィールドから帰って弓を組んでいた時に確認したら、やはりハンドルのポンド調整ねじとリムのU溝にガタがあった。

あまりにも前回調整した時から大きく左右にズレることが多いのでもしやと思っていたがビンゴだった。過去にもこんな風にリムとハンドルのガタを詰めたことがある。

今回はなぜか見過ごしてしまった。で、やはり0.1mmのステンレステープをポンド調整ねじに1周貼ってガタ詰めをした。

今日リムのセンター出しをしながら射った感じはかなり良くなった。今回は次に射った時も左右に大きくズレることは無いのではないかと思う。

リムゲージも3セット使用してかなり合わせやすくなった。2セット4個使っても意外ときっちり合わせるのは難しい。

リムゲージ4個だと全部のゲージの真ん中に合わせず、ついつい4個の平均で妥協してしまうがきっちりずべての真ん中で合わせないといけない。きっちり合わせるには、まずリムのチップ側だけ真ん中に合わせてみる。次にハンドル側だけきっちりど真ん中に合わせてみる。そしてそれらがズレていないか確認しないといけない。

ゲージを6個使うとズレているのがしっかり分かるので妥協する気にならない。是非友達に借りて6個集めて確認してみて欲しい。その際、センタースタビの位置は気にしてはいけない。リムゲージを6個使ってセンタースタビに合わないなら、それはセンタースタビのブッシングの向きがズレている。

そして射ち続けながら何回も何回も確認し、1月単位でズレていかないことを確認するのが良いと思う。

Cimg1660

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

ティラーハイトの調整

今週は土日共にいつもの射場で練習。

土曜日は今年初めて気温34℃と高温下での練習でお昼過ぎに頭が痛くなる。水分を追加するも好転しないので、無理せず練習を切り上げた。

土日でティラー差を微調整。どうもティラー差を付けすぎているようで、矢のノック側が上に振れて飛び出している様子。

ティラー差を6mmまで戻し、ノッキングハイト7/16で矢がほぼまっすぐ飛び出しているようだが、レストに当たったり当たらなかったり。グルーピングはもう少しノッキングハイトが低い方が良い感じ。

まだベアシャフトは50mで青と黒の境とかなり下に刺さるので、もう少し羽付きとベアシャフトの刺さる位置が近い方がグルーピングは良さそうだが、レストとシャフトが当たってしまう。

もう少し長い矢を用意してノッキングハイトに関係なくレストにシャフトが当たらない矢が見つからないか試したり、もう少しティラー差とノッキングハイトの研究が必要なようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

リムのセンター出しの勘所

今現在手に入るリムとハンドルのどんな組合せでも、ハンドルのセンターとリムのセンターを合わせる調整作業が必要です。

では何を持ってリムとハンドルのセンターが出たとあなたは判断していますか?
(ここここが参考になるかも知れません。)

ストリングがリムとハンドルとセンタースタビの真ん中を通った位置に合わせた。まあ一番オーソドックスな位置でしょう。しかし本当にそれらが一致する組合せは自分の経験上では皆無だと思います。

リムのセンターをストリングがきっちり通る位置に合わせた。結果としてセンタースタビは若干そっぽを向いている。見る目があるかもしれません。

いやどうやってもリムとハンドルのセンターにストリングが重ならない。市販されているリムとハンドルの組合せではそんなこともあるかも知れません。


自分が目安にしているのは、上記に加えて

・リムに写るストリングと実際のストリングを重ねたときにリムのセンターで重なる。

・センタースタビとストリングが重なるように調整したら、フルドローしてもセンタースタビが的の中心方向を向く。
(グリップが合っていないとハンドルにトルクが掛かりセンタースタビが左右に向いてしまうかも知れません。またセンターショットの調整(プランジャー出代が適当でないとズレます。)

・センターショットが極端にセンターからずれていない。(ポイント1個分以内に収まっている。)

・実射した際にハンドルのウインドウ内で矢が的に刺さるのが見える。(射ったあとに弓が左右にぶれない。)

と言ったところをチェックポイントにしています。

でもハンドルに備わったセンター調整機構だけでは上記を満足することはまずありません。ではどうするか?

ひとつはリムとハンドルの間に物を挟みます。0.1mm厚の粘着テープ付きのステンレス板などがホームセンターで売っているので、リムかハンドルに適当な大きさに切って貼り付けます。場合によっては何枚か重ねる必要があるかも知れません。これでリムのセンターを任意の位置に持っていくことが出来ます。

もう一方では、M8のステンレスワッシャーを紙やすりで磨きます。その際わざと厚みが一定にならないように削ります。これをエクステンションとハンドルの間に挟むとセンタースタビの向きを任意に振ることができるようになります。

これらの方法を駆使して最もそれらしいリムとハンドルのセンターを出す訳です。

気にしなくても中る人は中るかもしれません。自分もまだ研究中ですがここら辺を気にして合わせ込んでいくとミスショットが段々減っていくのは間違いないと思います。

ただ、どんな位置でも見方によっては上記のチェックポイントを満足するように見えてしまうことがあるので、今現在の位置に戻せるように弓に印を付けて置くとか、調整ねじを何回転回したかを控えておくとかしないとドツボにハマるかも知れません。

また間違った調整のまま射ち続けるとリムがねじれて戻らなくなる可能性もあります。試すのであれば覚悟の上で自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

ハンドルを変える5

休日出勤の合間にチューニングの続き。

今回のチューニングは非常に手間取っています。ハンドルのセンターとセンタースタビのセンターが合っていないのに気付いたので、どこにリムのセンターを合わせたら良いのかさっぱり分からなくなりました。

①ストリングを張って弦を弾いてリムを鳴らす前と後で弦とハンドルセンターの位置が変わらない位置とか、②ストリングハイトの状態とフルドローの状態でセンタースタビの向いている方向が変わらないとか、③リリースの瞬間にハンドルが左右に振れないとか、④フルドローでクリッカーを落とすのにほんのわずかに力を加えた瞬間にサイトが左右に振れないとか、色々な指標でリムとハンドルのセンターの合う位置を探りました。

だけど②③④は下記の写真のようにリムとハンドルの当たり面がリムの両端が当たらない状態なので気になっていたようです。当たり面のハンドルのセンターあたりをほんの少しやすりで削ってリムの左右の端がハンドルと当たるようにしたら、かなり安定して左右のリムのブレを感じることは出来なくなりました。(ただしハンドルを削るのはほんのちょっとでかなりリムの向きが変わるので絶対にお勧めできません。自己責任で自信を持って加工できる人しかやらないで下さい。)

20101129_006_2

結局①の弦を張った直後とリムを鳴らしたあと、そしてしばらく射った後のハンドルのセンターとストリングの位置がずれないことと、1日射った後にハンドルのセンターとストリングの位置がずれない位置をリムのセンター出しの正しい位置として、さらに10~70mでサイトの左右が変わらないプランジャーのセッティングを出したら満足のいくチューニングに近付きました。

ただ、リムとハンドルのセンターを通すとリムがねじれた状態になり、リムがねじれない状態にするとリムとハンドルのセンターが通らない状態になってしまいます。

リムかハンドルの精度かもしくは両方の精度が出ていないためと思われます。射った感触的にはあまり分からないので無視するか、ハンドルもしくはリムを加工してきっちり合わせるか判断しきれずにいます。

年明けには中日インドアにエントリーしているので、いい加減いじるのをやめないといけません。年末年始は練習出来ないので今週末が山場となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

ハンドルを変える4

金曜日の飲み会の後、家に帰ってきてから夜中の2時半まで掛かってACE520の羽をFFPからスピンウイングに貼り替えた。

土曜日、スパインがちょうど良くなるはずが矢が硬いのでポンド調整ねじを1回転締めこむ。1日中いろいろ試すが一瞬か二瞬良かっただけで、あとはさっぱり。ポンドも先週と今週で調整ネジ1回転ずつ、都合2回転締めこんでいるので結構きつい。

日曜日、今日もいろいろ試した結果プランジャーのテンションカチカチ(バイターで中のスプリングで5位までテンション締め込み)、エイミング時に弓のセンター方向よりサイトを1回転左に出す位置に矢が飛ぶようプランジャーの出代を合わせて、ベアシャフトと羽付きのシャフトが
やっと同じ位置に刺さるようになった。

今よりポンド調整ねじを2回転緩めた状態で、ACE570や120grのポイントを付けたACE520は弓のセンターよりサイトを2回転右に出す位置で
ベアシャフトと羽付きのシャフトが同じ位置に刺さっていたので、軟らかい矢はサイトが引っ込んだ位置でチューニングが合い、硬い矢はサイトが出た位置でチューニングが合うと言う傾向があるようだ。

ハンドルを変えてから今日までの感触で言えば、ACE570で2ポンド相当の1/2インチシャフトをカットして、ポンド調整ねじを2回転戻すとちょうどド真ん中でスパインが合いそうだ。

ただシャフトはカットしてしまうと元に戻せないので、来週もう少し今のセッティングで射ち込んで変化があるかどうかを見てからどうするか決めようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ハンドルを変える3

今週もチューニングの続き。

先週硬めだったACE520番+120grポイントの組合せだが、週中の近射と土曜日に射っているうちに軟ら目に変わってしまい、たまにシャフトかベインがレストかプランジャーに当たるようになってしまった。

何かを変えた結果は割とすぐに現れるが、最終的にどこに落ち着くかは2~3日は射たないと分からない。

これから寒くなるとリリースの時に指が開かず確実に矢が軟らかくなるので、今軟らかい矢ではすぐに使えなくなってしまう。余裕を作るために120grのポイントを100grに換えた。

そのままだと矢が硬すぎるので日曜日は1ポンド弱ポンドアップして射つ。硬めの矢でチューニングを合わせるために、プランジャーの出代を控えめにしてテンションのバネも一番軟らかいのに換えた。

それでもまだ矢が硬いので来週はFFPベインをスピンウイングに換えて射ってみるつもり。上手くいけば今度こそポンド調整だけで上下に微調整が可能な矢ができるはず・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

ハンドルを変える2

先週末はマスターズハンドルとINNO EX POWERリムでチューニング。

マスターズハンドルはX-Factorよりちょっと長いので、X-Factorで8 5/8インチのストハイのストリングがマスターズでは9インチになる。

スパインはかなり矢が軟らかい方向に変化して、いろいろ試して結局ACEの520番に120grのポイントをつけてほんのちょっと硬めという感じ。(この一月あまり何回ポイントを付け替えたか分かりません。)

そしてグリップを削りまくり。X-Factorのグリップをまねて生命線の左側と掌の手首側を大胆に削り落とす。押しても押さなくても左右が変わらず、トップ押し気味でもベタ押し気味でも上下左右が変わらないグリップに仕上げます。

手に合ったグリップで射っていると弓は真っ直ぐ前に出るのが当たり前になってしまいますが、手に合っていないグリップだと伸び合いでサイトが的中心から外れたり
、射った瞬間にトルクが出たりととても安心して射てない状態で、グリップの重要性を再認識します。(人によるのでしょうが・・・。)

まだまだ煮詰めないといけませんが、とりあえずX-Factorとあまり遜色のない感じになりつつあります。しばらくは試合はないのでゆっくりチューニングを楽しもうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

チューニング | ノウハウ | 日記 | 練習記 | 試合参戦記