« 5月連休 | トップページ | 全日フィールド通過ならず »

2012年5月 9日 (水)

スタビの見直し

エクステンションを4インチから3インチに換えても押し手の肩の痛みが軽減されないのでスタビを見直すことにしました。

パラボリックセンターの振動吸収は捨てがたいのですが、スタビ自体の重さは如何ともしがたいのでしばらく封印することにしました。

振動吸収は別にしてパラボリックセンターと同じ安定性(弓のブレ難さ)を得るには、281gのパラボリックセンターに対しシブヤのチタニウムカーボンに
ウェイトを4つ(ひとつは削ってあるので3つ半くらい)付けた状態の209gで十分でした。

重量差の70gはセンターより手前に付ければ確実に押し手の負担は軽減できるので、最近気になっている弓の手元のブレを押さえるべくサイドロッドのウェイトの追加にあてました。(シブヤのサイドキックにウェイト3つに1個プラスで4つ)

簡単に言うと弓重量を20g減らして重心位置を大分手前に持ってきました。まだ近射しかしていませんが、多少のリリースミスでも弓が左右に向く角度がかなり小さくなる感じがします。振動は大きくなりますが矢は弓を離れた後なのでこの際、気にしないことにしました。

思い返せば大学時代も、中っていた2007年もセッティングは手元が重めでした。自分にとってはこれが正解なのかもしれません。

正直な話、5インチくらいのエクステンションでアッパーなしでVバーを水平にして射てる人は真っ直ぐ押すことと正確なリリースに余程の自信がある人なんだろうなぁと思えてしまいます。

自分には一生無理・・・かな?^^

|

« 5月連休 | トップページ | 全日フィールド通過ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/45198499

この記事へのトラックバック一覧です: スタビの見直し:

« 5月連休 | トップページ | 全日フィールド通過ならず »