« ティラーハイトの調整 | トップページ | 近射用マットその後 »

2011年7月 3日 (日)

2011年6月フィールド県選手権

今日は県のフィールド県選手権でした。

午前1Mの150点、午後141点と惨憺たる結果でした。チューニングだけではなく何から何まで決まらないと言う感じでした。

今日はレストとシャフトは当たっていないのですが、ミスがすごく大きく外れてしまってそこから立て直すことが難しかったです。ちょっとしたミスで2点3点に外れるので、射ち方に迷ってしまい最後は当たる気がしなくてクリッカーが切れてもリリースする気になりませんでした。

シャフトとレストが当たらないノッキングハイトはベアシャフトがかなり下に刺さるところで、グルーピングも今一でミスも大きく出るみたいです。ベアが羽付のシャフトと同じ高さに中るノッキングハイトでは、間違いなくシャフトとレストのひげが当たります。

Crash

写真のように矢がストリングを離れた直後にレストのひげに当たります。もう少し矢が軟らかければ良さそうな気がしますが、矢がまっすぐになった瞬間に当たっているので矢のサイズを変えても当たることに変わりはありませんでした。(しなる量は大きくなっても振幅のタイミングはあまり変わらない。)

ストリングハイトを下げれば良さそうですが、8 3/4まで下げてもあまり状況は変わらず返ってグルーピングは悪くなりました。(68のセットでストハイは9インチを標準にしています。)

もう後は矢を長くしてポイントも重くノックもピンノックにして羽もFFPにしてと、矢を長く重くして振幅の周期を遅くするくらいしか解決策が思いつきません。

ティラーハイトをどれだけ調整しても、ベアシャフトと羽付きのシャフトが同じ高さに刺さるノッキングハイトでシャフトとレストが当たることがそもそも理解できません。

ん~、ちょっと深みにはまってしまったかも知れません。

|

« ティラーハイトの調整 | トップページ | 近射用マットその後 »

コメント

下記動画を見ると最後はストリングが矢を外側へ押し出しています。

矢が硬くてパラドックスが少なすぎる?
リリースが良すぎてストリングを真っ直ぐ返し過ぎている?

ハイトを上げてもっと早く矢とストリングを分離させるとか、
センターを無視して矢を左に出してみるのはいかがでしょうか?

http://www.a-rchery.com/ac03.html

投稿: t-book | 2011年7月 3日 (日) 21時09分

☆T-Bookさん
アドバイスありがとうございます。

良いかどうかは別にして、リリースはスムーズな方だと思います。

押し手にストリングが当たらないことを売りにしている弓なので、ストリングは割りとまっすぐ返るのだと思います。

矢は軟らかめでプランジャーはすでに目一杯出している状態です。

どちらかと言うとハイトを下げて、矢がストリングを離れてレストに一番近づいた時にシャフトの後ろ側のノードポイントがレストの前にないといけない気がしています。

今のままではストリングハイトを8インチより下げないと無理っぽいですが・・・。

まずは主に弓に起因する問題なのかどうかを切り分けるために、前の弓で射って見たいと思います。

またアドバイスよろしくお願いします。

投稿: Monday | 2011年7月 4日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/40658528

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月フィールド県選手権:

« ティラーハイトの調整 | トップページ | 近射用マットその後 »