« 顔向けとアンカーと弦サイト | トップページ | 2011年6月フィールド県選手権 »

2011年6月26日 (日)

ティラーハイトの調整

今週は土日共にいつもの射場で練習。

土曜日は今年初めて気温34℃と高温下での練習でお昼過ぎに頭が痛くなる。水分を追加するも好転しないので、無理せず練習を切り上げた。

土日でティラー差を微調整。どうもティラー差を付けすぎているようで、矢のノック側が上に振れて飛び出している様子。

ティラー差を6mmまで戻し、ノッキングハイト7/16で矢がほぼまっすぐ飛び出しているようだが、レストに当たったり当たらなかったり。グルーピングはもう少しノッキングハイトが低い方が良い感じ。

まだベアシャフトは50mで青と黒の境とかなり下に刺さるので、もう少し羽付きとベアシャフトの刺さる位置が近い方がグルーピングは良さそうだが、レストとシャフトが当たってしまう。

もう少し長い矢を用意してノッキングハイトに関係なくレストにシャフトが当たらない矢が見つからないか試したり、もう少しティラー差とノッキングハイトの研究が必要なようだ。

|

« 顔向けとアンカーと弦サイト | トップページ | 2011年6月フィールド県選手権 »

コメント

アーチェリーをよく知らないので
6mmとか7/16とか
数字的に緻密なスポーツと知り
驚きました。
大雑把な性格の私には
絶対出来そうもない…(笑)

投稿: まる | 2011年6月27日 (月) 23時37分

☆まるさん
こだわる人はとことんこだわるし、こだわらなくても中ててしまう人は中ります。

また中らないと楽しくない人、中らなくても楽しい人、両方いるようで性格だけでは物語れないようです。^^

興味があれば是非試してみてください。

投稿: Monday | 2011年6月28日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/40558435

この記事へのトラックバック一覧です: ティラーハイトの調整:

« 顔向けとアンカーと弦サイト | トップページ | 2011年6月フィールド県選手権 »