« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月26日 (日)

ティラーハイトの調整

今週は土日共にいつもの射場で練習。

土曜日は今年初めて気温34℃と高温下での練習でお昼過ぎに頭が痛くなる。水分を追加するも好転しないので、無理せず練習を切り上げた。

土日でティラー差を微調整。どうもティラー差を付けすぎているようで、矢のノック側が上に振れて飛び出している様子。

ティラー差を6mmまで戻し、ノッキングハイト7/16で矢がほぼまっすぐ飛び出しているようだが、レストに当たったり当たらなかったり。グルーピングはもう少しノッキングハイトが低い方が良い感じ。

まだベアシャフトは50mで青と黒の境とかなり下に刺さるので、もう少し羽付きとベアシャフトの刺さる位置が近い方がグルーピングは良さそうだが、レストとシャフトが当たってしまう。

もう少し長い矢を用意してノッキングハイトに関係なくレストにシャフトが当たらない矢が見つからないか試したり、もう少しティラー差とノッキングハイトの研究が必要なようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

顔向けとアンカーと弦サイト

昨日は近射をお休みし完全休養、今日は気分も新たに近射を再開。

最近はアンカー位置をほぼセンターに近いところに置いていたが、全日Fの1週前に弦サイトがサイトの遥か左にあり弓のどこにも重なっていないことに気づいてしまう。一度気になり始めると無意識に頼ることもできず左右にものすごくバラツクようになってしまった。

仕方が無いのでせめて
ストリングがハンドルの左端に付くように色々試してみるが、センターアンカーのままでは的をかなり左上に見るような不自然な顔向けになってしまう。

ターゲットだけであればあまり顔向けがどうなろうと気にしないのだが、フィールドメインだと畳や的が斜めの場合に垂直方向が感覚的に分かるように顔向けは的に正対するようにしておきたい。

で、結局全日Fの1週前にもかかわらずアンカーをサイドアンカーに戻しました。元々サイドアンカーで射っていたから平日近射をすれば何とかなるだろうと言うことと、センターアンカーのまま弦サイトを探しながら射つよりはマシだろうと思ったから。

結果から言えば、全日Fの午前のマークでは間に合わなかったが午後のアンマークでは良い結果が出たと思う。そして引き尺とアンカー位置の関係も良くなったようで、いつもは何回も引き戻す射ち上げもと言うか試合中にほとんど引き戻すことなく自然にクリッカーを切ることができた。

また視線の方向に押し引きするようになったことで、あまり意識しなくても自然に押し引きの方向がぶれなくなったように思う。

週末に練習に行くのが今から待ち遠しくて仕方がありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

2011年全日フィールド

すでにコメントに書き込みしたことですが、全日フィールドの結果です。

予選、午前マーク137点。短縮日程で練習時間も少なく、出だしは結構ボロボロでしたがそれでも最後の方で何とか調子をつかみました。

アンマークは10ポスト目までは距離読みもばっちりで135点でしたが、11ポスト目の80cm的でものすごく近くに見えるなぁと思いつつ確か80cm的は45~55mだったよなと1本目45mのサイトで射って上の1点・・・。(実際は40m)

12ポスト目の60cm的で、きっと80cm的で40mの後60cm的で40mと言う引っ掛けだろうと勘繰って1本目上の1点(実際は35m)と、勘違いと先入観で大幅マイナスして154点。

トータル291点で23位でした。(本当は80cm的は35~55m、60cm的は20~35mなのでどちらも勘違い。(汗))


全日社会人ターゲットと全日フィールドの2連戦でしたが、準備不足・付け焼刃は否めなくトラウマになりそうな連戦でしたが、今回は何とかちゃんと射てば中ると言う手応えを得られたので、9月の社会人フィールドに向けて準備万端整えて行きたいと思います。

やはり全国大会に行って出ただけと言う結果ではさびしいです。最低でも全力を尽くして戦ったと言う手応えがないと1年頑張って出ただけの甲斐がないと今回つくずく実感しました。

とは言え、勢いに乗る若者でも経験豊富な熟練でもないのでマイペース+αで頑張るしかないかなぁと思っていたりもします。


でも今回は皆さんにいろいろアドバイスをいただき、ステップアップの足がかりを掴んだのでしっかりチューニングを煮詰めて練習を重ね点数アップを計ります。

応援したいただいた皆さま、お世話になった方々、運営を含め参加された皆さまありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

3年ぶりに弓をしまう

全日Fに向け明日出発します。

3年ぶりにボウケースに弓をしまい準備万端です。(いつもはこんな感じで弓を運ぶのでまず弓をバラしたりボウケースにしまうことはありません。)

付け焼刃がどこまで通用するかは分かりませんが、最後の一本まであきらめることなく6点を狙って射ってきたいと思います。

では行ってきます!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

全日フィールド1週前

奇跡的に土曜日は午後から曇り、日曜日はほぼ終日曇りで何と土日ともに練習に行けました。

土曜日は主にティラーとノッキングポイントを調整。矢とびを見ながら結局ティラー差12mm、ノッキングハイト7/16とした。相変わらずベアシャフトはかなり下に刺さるが、とりあえず安定してレストに当たらず射てるのと、これ以上ティラー差を付ける勇気がなかったのでこれ以上は全日Fが終わってから試します。

日曜日は土曜日に取ったサイトの確認とプランジャーのチューニング。

何とサイトのベースブラケットの締付けボルトが緩んでいた。手で動かすと上下に1目盛り(10クリック)くらい動く。いったいいつから緩んでいたのだろうか?自信なくすなぁ。

何とかサイトを取り直しプランジャーを合わせてそれなりになった感じです。期待したほどは中りませんが、とりあえずミスショット以外は訳分からず大外しする矢はなくなりました。

あとは平日に近射して本番に備えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

リムは生もの?

今日も帰宅後に近射。

射っていると矢が上から下に刺さっている感じ。上リムの返りが遅くなっているようなので、ティラー差をマイナス方向に調整する。

今日は結局ティラー差8mm、ノッキングポイント7/16でレストに当たらず矢の刺さる角度が自然な角度になった。

いつも思うがリムをいじると落ち着くまでに時間が掛かる。明日はもしかしたらまたティラー差を増やす方向に調整しないといけないかもしれない。


そして困ったのが今週末が土日ともに予報が雨なこと。ティラーとノッキングポイントの微調整とフィールドのサイト取りをしないといけないのだが・・・。

練習で初カッパかな?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

レストに当たらない!

昨日の続きでINNOの方のティラーハイトをチューニング。

最初はシャフトがレストに当たらないのに、射っているうちに当たるようになると言うのを何回か繰り返し、今日のところは最終的にティラー差13mmでノッキングポイント7/16で何とか良さそうな感じになりました。

ただ実際はティラー差16mmになるはずの角度までポンド調整ねじを回して13mmなので、このまま落ちつくのかまだ射ち込んでいくと変わっていくのかは分かりません。ただシャフトとレストが当たることに関しては
何とかゴールが見えてきた感じです。

アドバイスいただいた方、本当にありがとうございました。

しかし、今までこんな基本的なことが出来ていなかったとは・・・、恥ずかしいやら損した点数で悔しいやら、アドバイスをいただける人がいてうれしいやら、blog書いてて良かったやら、これからが楽しみやら、複雑な心境です。(笑)

でも分かって良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

光明が見えた!

今日も帰宅後に近射。BB命さんのアドバイスに従って今日はティラー差を増やして見た。

プロセレリム+X-FACTORはティラー差6mmでノッキングポイント11/32(3/8と5/16の間)くらいでシャフトがレストに当たらず、近射マットに刺さった矢の角度も自然な角度になり、射った感触・的中ともに納得の結果となりました。

INNO EX POWERリム+INNO CXTハンドルのセットは、ティラー差12mmノッキングポイント3/8でまだレストに当たったり当たらなかったりと言う状況で時間切れとなりました。

やっと光明が見えてきました。明日以降もう少しINNOの方をいじって見て、全日Fをどちらで行くか決めようと思います。

アドバイスをいただいたロード☆さん、BB命さん、ベンソンさんありがとうございました。

俄然モチベーションが上がってきました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

やはりレストに当たる

会社から帰宅後に自宅で近射。今日は昨日試した前のハンドルとリムのセットで近射する。

プランジャーの出代を色々いじるもなかなか矢がまっすぐに刺さらない(左右に振れる)。しばらく射ったあとシャフトを見るとまたレストのヒゲに当たった跡が付いている。。。。。

どうも根本的にシャフトがレストのヒゲに当たる状態でずっと射っていたのが、ヒゲが硬くてV字に配したマグネットによる保持剛性が高いシブヤのレストに変えて問題が顕在化しただけのようだ。(ちなみにいつもベアシャフトが羽付と概ね同じ高さに刺さるようにノッキングポイントを調整してきた。)

そもそも羽ではなくシャフトのネームの辺りがレストのヒゲに当たると言うことは、ノック側が下がる方向にストリングを離れるということだ。でもベアシャフトが羽付のシャフトと同じ高さからそれよりは
相当下に刺さるようにノッキングポイントを上げてもまだレストのヒゲとシャフトが当たる。

これはどう考えてもおかしい。

BB命さんからアドバイスをいただいたが、もうあと思い当たるのはティラーハイトの差しかない。基本的に今までは0ティラーで射っていたが、もしかしたら下リムが返るのが遅くて矢のノック側が下に振れるのかも知れない。

明日はティラーハイトの差を10mmとか今まで試したことの無い領域にして近射をし、常識的なノッキングポイントの高さで矢の刺さる向きとシャフトにレストのヒゲに当たった跡が付くかを見ながら近射して見たいと思う。試して見てダメならもうお手上げだがとりあえずAREのレストに戻すしかないかな。。。


皆さんももし試す気があるのなら、レストが倒れないようにテープとかでレストのヒゲを固定して射ってみてクリアランスが確保できているかをシャフトに付くレストのヒゲの跡やグルーピングでチェックしてみると良いと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

社会人ターゲット2日目

社会人ターゲット2日目決勝トーナメント、1回戦の対戦相手は予選トップのM井さん。

出だしは相手もあまり調子が良くはありませんでしたが、こちらはもっと追いつかずあっさり9本で勝負がついてしまいました。(M井さんは結局優勝されたそうです。)

と言う訳で、皆さんに挨拶もそこそこに即効で帰っていつもの射場に練習に行きました。

とりあえず試合に使った弓でどこまでノッキングポイントを上げたら、安定してレストのひげとシャフトが当たらなくなるかを試して見ました。

レストにTゲージをのせて目盛りが無くなるところまで上げないとダメでした。
プランジャーのチップの上からノックの下端までが4/8インチくらいでした。

その状態でベアシャフトを射つと30mでも下の黒に刺さります。

それでも少しはグルーピングするのですが、あまり安定しなかったのでやはりこのハンドルとリムのセットは一旦諦めることにしました。

で、プロセレクトのリムとX-FACTORの組合せにACEの620にバイターインアウトノックで1時間くらいあれこれいじっているうちに、そこそこまとまるようになりグルーピングもその位置も割りと安定しているようでした。

なのでこのセットで平日近射で射ち込み、来週末にサイト取りして再来週の全日フィールドに挑もうと思います。

運営含め試合に参加された皆様、お疲れ様でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

社会人ターゲット1日目

すみません、ランキングラウンド16/16位でダントツのビリでした。

風に翻弄されたのもありますが、3本はまあ中るが残りの3本が青くらいにすっ飛んでしまいどうにも6本ちゃんと射てない状況に終始しました。

一応壮年の部なので明日の決勝トーナメントに出れますが、1本でも多く射って帰れるようもがいて見ます。

そして2週間後の全日フィールドはハンドルだけもしくはリムも含めて、とりあえずシャフトがレストに当たらないような組合せに戻します。

急ごしらえにはなりますが今のままで出るよりは、いくらかましなような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

いよいよ明日

いよいよ明日にせまりました全日社会人ターゲット。

相変わらず調子は良くありませんが最低限楽しんできたいなぁと思っています。ちなみに調子の悪さは近射していても分かるくらい・・・。(汗)

でも精一杯頑張ってきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »