« 気味が悪い | トップページ | 2011年5月度ターゲット県大会 »

2011年5月12日 (木)

リムのセンター出しの勘所

今現在手に入るリムとハンドルのどんな組合せでも、ハンドルのセンターとリムのセンターを合わせる調整作業が必要です。

では何を持ってリムとハンドルのセンターが出たとあなたは判断していますか?
(ここここが参考になるかも知れません。)

ストリングがリムとハンドルとセンタースタビの真ん中を通った位置に合わせた。まあ一番オーソドックスな位置でしょう。しかし本当にそれらが一致する組合せは自分の経験上では皆無だと思います。

リムのセンターをストリングがきっちり通る位置に合わせた。結果としてセンタースタビは若干そっぽを向いている。見る目があるかもしれません。

いやどうやってもリムとハンドルのセンターにストリングが重ならない。市販されているリムとハンドルの組合せではそんなこともあるかも知れません。


自分が目安にしているのは、上記に加えて

・リムに写るストリングと実際のストリングを重ねたときにリムのセンターで重なる。

・センタースタビとストリングが重なるように調整したら、フルドローしてもセンタースタビが的の中心方向を向く。
(グリップが合っていないとハンドルにトルクが掛かりセンタースタビが左右に向いてしまうかも知れません。またセンターショットの調整(プランジャー出代が適当でないとズレます。)

・センターショットが極端にセンターからずれていない。(ポイント1個分以内に収まっている。)

・実射した際にハンドルのウインドウ内で矢が的に刺さるのが見える。(射ったあとに弓が左右にぶれない。)

と言ったところをチェックポイントにしています。

でもハンドルに備わったセンター調整機構だけでは上記を満足することはまずありません。ではどうするか?

ひとつはリムとハンドルの間に物を挟みます。0.1mm厚の粘着テープ付きのステンレス板などがホームセンターで売っているので、リムかハンドルに適当な大きさに切って貼り付けます。場合によっては何枚か重ねる必要があるかも知れません。これでリムのセンターを任意の位置に持っていくことが出来ます。

もう一方では、M8のステンレスワッシャーを紙やすりで磨きます。その際わざと厚みが一定にならないように削ります。これをエクステンションとハンドルの間に挟むとセンタースタビの向きを任意に振ることができるようになります。

これらの方法を駆使して最もそれらしいリムとハンドルのセンターを出す訳です。

気にしなくても中る人は中るかもしれません。自分もまだ研究中ですがここら辺を気にして合わせ込んでいくとミスショットが段々減っていくのは間違いないと思います。

ただ、どんな位置でも見方によっては上記のチェックポイントを満足するように見えてしまうことがあるので、今現在の位置に戻せるように弓に印を付けて置くとか、調整ねじを何回転回したかを控えておくとかしないとドツボにハマるかも知れません。

また間違った調整のまま射ち続けるとリムがねじれて戻らなくなる可能性もあります。試すのであれば覚悟の上で自己責任でお願いします。

|

« 気味が悪い | トップページ | 2011年5月度ターゲット県大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/39957318

この記事へのトラックバック一覧です: リムのセンター出しの勘所:

« 気味が悪い | トップページ | 2011年5月度ターゲット県大会 »