« サイトレールの調整 | トップページ | サイトレールの調整2 »

2010年12月20日 (月)

ハンドルを変える5

休日出勤の合間にチューニングの続き。

今回のチューニングは非常に手間取っています。ハンドルのセンターとセンタースタビのセンターが合っていないのに気付いたので、どこにリムのセンターを合わせたら良いのかさっぱり分からなくなりました。

①ストリングを張って弦を弾いてリムを鳴らす前と後で弦とハンドルセンターの位置が変わらない位置とか、②ストリングハイトの状態とフルドローの状態でセンタースタビの向いている方向が変わらないとか、③リリースの瞬間にハンドルが左右に振れないとか、④フルドローでクリッカーを落とすのにほんのわずかに力を加えた瞬間にサイトが左右に振れないとか、色々な指標でリムとハンドルのセンターの合う位置を探りました。

だけど②③④は下記の写真のようにリムとハンドルの当たり面がリムの両端が当たらない状態なので気になっていたようです。当たり面のハンドルのセンターあたりをほんの少しやすりで削ってリムの左右の端がハンドルと当たるようにしたら、かなり安定して左右のリムのブレを感じることは出来なくなりました。(ただしハンドルを削るのはほんのちょっとでかなりリムの向きが変わるので絶対にお勧めできません。自己責任で自信を持って加工できる人しかやらないで下さい。)

20101129_006_2

結局①の弦を張った直後とリムを鳴らしたあと、そしてしばらく射った後のハンドルのセンターとストリングの位置がずれないことと、1日射った後にハンドルのセンターとストリングの位置がずれない位置をリムのセンター出しの正しい位置として、さらに10~70mでサイトの左右が変わらないプランジャーのセッティングを出したら満足のいくチューニングに近付きました。

ただ、リムとハンドルのセンターを通すとリムがねじれた状態になり、リムがねじれない状態にするとリムとハンドルのセンターが通らない状態になってしまいます。

リムかハンドルの精度かもしくは両方の精度が出ていないためと思われます。射った感触的にはあまり分からないので無視するか、ハンドルもしくはリムを加工してきっちり合わせるか判断しきれずにいます。

年明けには中日インドアにエントリーしているので、いい加減いじるのをやめないといけません。年末年始は練習出来ないので今週末が山場となりそうです。

|

« サイトレールの調整 | トップページ | サイトレールの調整2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/38153312

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルを変える5:

« サイトレールの調整 | トップページ | サイトレールの調整2 »