« ハンドルを変える3 | トップページ | タブを洗う »

2010年11月21日 (日)

ハンドルを変える4

金曜日の飲み会の後、家に帰ってきてから夜中の2時半まで掛かってACE520の羽をFFPからスピンウイングに貼り替えた。

土曜日、スパインがちょうど良くなるはずが矢が硬いのでポンド調整ねじを1回転締めこむ。1日中いろいろ試すが一瞬か二瞬良かっただけで、あとはさっぱり。ポンドも先週と今週で調整ネジ1回転ずつ、都合2回転締めこんでいるので結構きつい。

日曜日、今日もいろいろ試した結果プランジャーのテンションカチカチ(バイターで中のスプリングで5位までテンション締め込み)、エイミング時に弓のセンター方向よりサイトを1回転左に出す位置に矢が飛ぶようプランジャーの出代を合わせて、ベアシャフトと羽付きのシャフトが
やっと同じ位置に刺さるようになった。

今よりポンド調整ねじを2回転緩めた状態で、ACE570や120grのポイントを付けたACE520は弓のセンターよりサイトを2回転右に出す位置で
ベアシャフトと羽付きのシャフトが同じ位置に刺さっていたので、軟らかい矢はサイトが引っ込んだ位置でチューニングが合い、硬い矢はサイトが出た位置でチューニングが合うと言う傾向があるようだ。

ハンドルを変えてから今日までの感触で言えば、ACE570で2ポンド相当の1/2インチシャフトをカットして、ポンド調整ねじを2回転戻すとちょうどド真ん中でスパインが合いそうだ。

ただシャフトはカットしてしまうと元に戻せないので、来週もう少し今のセッティングで射ち込んで変化があるかどうかを見てからどうするか決めようと思う。

|

« ハンドルを変える3 | トップページ | タブを洗う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/37772897

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルを変える4:

« ハンドルを変える3 | トップページ | タブを洗う »