« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月26日 (火)

チューニングのすすめ

急に寒くなりましたね。治ったつもりの風邪がぶり返してしまいました。


それはさておき、と言うか多分真似する人はあまりいないと思いますが、最近はプランジャーの出代を固定するイモネジを写真のように外して使ってます。

20101011_003_01

練習中でも試合中でも簡単にプランジャーの出代が調整できます。(もちろんセンタースタビとストリングを外すだけで弓を組んだまま車に積んで持ち歩いている事もありますが。)

ノッキングポイントもこんな感じでねじればすぐ高さを調整できるようにしています。

アーチェリーのセッティングやチューニングはこうすれば誰もが中ると言うセオリーが確立されていません。なので試した者勝ちです。試すからには無段階でいつでも気軽に試せると言うことも重要かと思います。

毎日練習できる学生のように十分な練習時間を確保できれば、どんなチューニングの弓でも中てることは出来るのかも知れません。でも私のように頑張っても週3回くらいしか練習出来ない社会人では、そうもいかないでしょう。

また、チューニングのスキルを身に付けようと思えば避けては通れないことと思います。いじればいじっただけノウハウは身に付くと思うのです。最初は差が分からないとしても、徐々にあぁなるほどと言う気付きが芽生えると思います。

50mや70mで300upできるorしたことがあるレベルであれば、積極的に試すべきと思います。

少なくとも自分は50・70mで300up出来るセッティングと出来ないセッティングが明確に存在します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

ストリングの作り方

ストリングを作ります。ストリングジグはこんなのを自作しました。大分端折っていますので他所のサイトも参考にしてください。

原糸の端に輪を作って金具に引っ掛けます。そして反時計回りに14回原糸を巻きつけます。(ダイニーマ02なので14本弦です。)

20101023_001_2

ここはラップして原糸が15本になるようにして、さっきと反対側に巻き終えた端末に輪を作って引っ掛けます。(端末の原糸どうしは自分は結びません。)
20101023_004

ジグの反対側は手抜きでこんな風になってます。ノブを回して原糸を引っ張ります。この部分には目印で目盛りが付けてあり長ければ端末に結び目のこぶを作って短くします。

20101023_003

アッパーのループを作ります。原糸にサービング原糸を4~5cmくらい挟んでその上を巻いていきます。

20101023_005_3

3.5インチ位巻いたところで金具に引っ掛けたストリング原糸をサービングの根元で切り取ります。

20101023_006_3

ここで一旦結ぶ方法もありますが、自分はそのままループの下を巻いてしまいます。ジグを90°回してループの長さを合わせて・・・

20101023_007

最終的にストリングをねじった時に締まる方向にサービングを巻いていきます。

20101023_008

ループの先端から6インチ弱巻いたところで結びます。
20101023_009

最後はスチールの鉛筆キャップが便利です。
20101023_010

手で引っ張ったあと、ストリングをねじったり戻したりしたときにサービングが緩まないように、ラジオペンチに巻きつけて更に絞り上げます。
20101023_011

仕上げは瞬間接着剤でしっかり止めます。
20101023_012

手抜きのジグなのでここで一旦ストリングをジグから外し、上下を入れ替えます。ロワー側のセンターに印を付けます。
20101023_013

ロワー側のループは2.5インチにしてるので、センターを中心に左右に1.25インチずつのところに印を付けます。
20101023_014

印の間にループを巻いたらジグを90°回して、アッパー同様にストリングをねじった時に締まる方向に巻きます。
20101023_015
20101023_016

あとはセンターサービングを巻いて、ノッキングポイントやキッサーを付けて出来上がりです。
20101023_018

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

ダブルパンチ

久しぶりに風邪を引きました。

おまけにぎっくり腰まで・・・。

今日は少し短めのストリングを作って、恐る恐る近射を少し。

あっ、明日は休日出勤なのでトリプルパンチか・・・。orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

スパインを合わせる意味

スパインを合わせる意味って分かりますか?

下の写真は先週の土曜日に、雨の合間にサイト取りしたACE570番に120grのポイントで射った時に付いた、おそらくプランジャーにこすった跡です。

Cimg1003

シャフトのノック側がレストやプランジャーに当たるのは、スパインが軟らかいためと思われます。本来ならポンドを落とすのが正しいのですが、これ以上ポンドを落とせない状態だったのでストリングハイトを上げて矢がストリングを離れる位置をレストから遠ざけて今回は対処しました。

先々週100grのポイントで射った時にはシャフトの中ほどにレストに当たった跡が付きました。この時はスパインが硬かったと思われます。

つまりスパインが軟らかくても硬くても、レストやプランジャーに矢が当たるわけです。そしてそんな状態では30mで9点に収まる射ち方をしても、いきなり7点とかに飛んでいってしまいます。

ACEで硬くてレストやプランジャーにシャフトの中ほどが当たる状態から、軟らかくてシャフトの後ろ側や羽がレストやプランジャーに当たる状態までは、自分の場合は意外と余裕がありません。

スパインを合わせると言うのは第一に、リリース後に矢がレストとプランジャーを離れてからは弓のどこにも当たらない状態を作り出すこと、第二に弓を押す方向に矢を発射すること、第三に出来れば一日~1年のリリースやコンディションの変化に対応できる余裕を作ることかと思います。

今のシャフトはノック側を1インチカットしています。ACEのノック側をカットするならもっと大胆に切らないと、しなる部分が少なくて余裕を確保できない気がします。

そしてACE自体がシャフトが樽型の形状のためにしなる部分が限られていて、余裕代が少ない気がします。正直に言えばベアシャフトが射てないレベルの人はACEを使うべきではないと思います。また射った時に羽が飛ぶ人はスパインが合っていません。

自分もシャフトが弓のどこかに当たってしまわないように、チューニングを変えるのに終始してしまい、中々練習に身が入らないことに辟易した感があり樽型ではないACCやACGのシャフトを試してみようかと思っています。

出来れば1年間同じ弓なら同じ矢で、シャフトが弓のどこにも干渉しない状態で射てるようになりたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

’10年10月フィールド県大会

今日は今年最後のフィールド県大会。

結局昨日はH南で雨の合間に何とかサイトが取れたので、120grのポイントを付けたACE570番で参加した。

やはりMorryさんが居なかったので(くどい?)、天気は回復して朝から良い天気になった。昨日は晩秋、今日はまた夏に逆戻りと言う感じで汗だらだらでした。

今日のメンバーはいつ以来か分からない(笑)F田さん、それにF橋さんとN村君と自分の4人。F田さんから色々ためになる(?)お話を聞きながら今日も楽しく廻れました。^^

結果は158点+154点=312点と前回よりちょっと下がりましたが、120grのポイントのせいではないと思います。今回は前回より更に準備不足でサイトも怪しかったし、上下左右に結構外してしまいました。

午後の後半はまたプランジャーをいじりながら射つ結果になってしまいました。いや午後の前半からいじっていたらもう少し良かったかもしれません。そんな判断力の欠如も含めちょっとモチベーションが下がって来てしまいました。

今年は全日社会人フィールド1本に絞って頑張ってたものですから、肩透かしを食らって何か今は非常にフラストレーションが溜まっている感じです。

なのでしばらくオフにして充電したいと思います。インドアシーズンをどうするかもまだ決めていません。しかし来年は5月の全日フィールドと6月の全日社会人ターゲットには出られそうなので、遅くとも3月のフィールド県大会にはちゃんと射てるよう準備したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

雨ですね・・・

今週末は雨ですね。

雨男のMorryさんが欠席なのに日曜日のF県大会が雨。困った。(えっ?)

まぁそれは良いのだが、ポイントを換えたのでサイトが無いのに明日の土曜日も朝から雨なのでどうしようかと思っている。

雨の中10m、15m、20mくらいサイトが取れれば何とかなるかも知れないが、ずっと本降りではつらいだろうなぁ。

最悪はポイントを100grに戻して前のサイトの±αを信じるしかないか。。。


日曜日はカッパが要るか要らないか微妙な季節だし。。。


ん~、どうしたものか・・・。(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

ACE570に120gr

今週は土日ともH南で練習。ACE570番に120grのポイントを試す。

土曜日は寝坊した上にポイントを付け替えてから出かけたので、射場に着いたのが12時でした。

ポイント20grで1ポンド分くらいのスパイン変化かなと思っていたけど、実際は2ポンド分くらいありそうでかなり軟らか目になってしまった。ポンド調整ねじを1回転緩め最弱にしてもまだ大分軟らかい。

プランジャーをいじりまくって一瞬だけX,X,10,10,9,8と中ったが、土曜日は労多くして甲斐なしと言った感じで大してまとまらずに終了。


日曜日も寝坊して(笑)10時に射場着。(いや~2度寝、3度寝がとても気持ちよい季節です。(爆))

昨日の続きでプランジャーの調整を追い込むがどうも1ヶ所にグルーピングしない。ポンド調整も結構いじったのでリムのセンターを確認するとやはりちょっとずれているので調整し直して射つ。

リムが落ち着くまで射っては調整、射っては調整を繰り返し何とか丸いグルーピングにはなった。が、グルーピングの大きさ的には120grが良いのか100grが良かったのか良く分からないレベルだ。

とりあえず来週のフィールド県大会はこのまま120grで射ってみよう。まだ50mしかサイトがないので土曜日はサイトを取らないと。(汗)果たして近距離は中るのか?(滝汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »