« ’10年東海フィールド選手権 | トップページ | その後のその後 »

2010年8月 1日 (日)

その後

その後、市のア協担当者から謝罪と言うか弁解の電話を貰いました。謝罪1割、弁解9割と言う感じで正直聞くに堪えない電話でした。

相手もボランティアでやっているのだから怒りは抑えて冷静に話そうと思っていましたが、あまりにも弁解ばかり言うのでついつい言ってもしょうがない文句が口を付いて出てしまいました。(のれんに腕押しという感じでしたけどね。)

ミスの内容としては、自分の申し込みを東海フィールドの申し込みと勘違いし、東海フィールドの申し込みは愛知県選手権の試合後に現地で各自で申し込んでくださいと言う県からの連絡を私に電話連絡して済んだと思ったそうです。

メールの件名にも添付ファイルのファイル名にも全日本社会人フィールドと書いてあったにも関わらず。

そして再発防止に努めますという言葉は聞くことが出来ませんでした。取り返しの付かない全日本クラスの申し込みは直接県に申し込むか、
出来れば県に各個人が確認してくれると正直ありがたいと言いたいみたいでした。

何だかなぁ・・・。そんなこと言うなら○×▽☆~◇△ればいいのに・・・。

波風を立てるつもりは毛頭ないのですが、出来ることであれば市のア協に所属せずに全日登録したくなりました。県に直接全日登録ってお願い出来ないんでしょうかね?

今日はやけ酒です。

|

« ’10年東海フィールド選手権 | トップページ | その後のその後 »

コメント

この日記見る前に社会人の出場者名簿見て
「あれっ?」と思い見に来たら…

残念です。

これまでにもいろいろなところで似たような話は聞きますが
根本的な対策は打たれずじまいですよね。

上部団体に申請する際にCCに入れてもらうとかそんな自己防御くらいしかできないのでしょうか。

選考の1週間前を仮締めとしてその時点で
エントリーリストを公開するとかできないものですかね?
機会があれば全ア連の人にちょっと話をしてみます。

それにしても残念でなりません。

投稿: けんじり | 2010年8月 1日 (日) 21時24分

☆けんじりさん
北海道の再会を楽しみにしていたのに申し訳ありません。

今日も全日が受け付けた申請者リストを公開してくれれば良いのにという話は出ていました。

気を取り直して来年の社会人ターゲットを目指します。

投稿: Monday | 2010年8月 1日 (日) 21時50分

さっきの記事を読んでのこの記事・・・

まったくもって唖然としかいいようがありません。

謝罪はもちろん、働きかけてみるとか努力してみる(だめもとでも)
という類の誠意ってやつを担当はまったく見せなかったんですねぇ。

そんなやつはきっと社会人としてもあまり役に立っていない
としか思えません。我が社にいたら即クビです。

失敗は誰にでもありますが、リカバリーこそが人間の
取る道だと思います。

言い訳する前に何とかせい!ですね。(怒)
こっちもだんだん怒りがこみ上げてきました。

それにしても・・・Mondayさんのオトナな対応
ワタシにはけっしてマネできないでしょうね。

実はその人間性の差が点数の差だったりするのかも知れません。
ワタシも反省です。

投稿: Morry | 2010年8月 3日 (火) 00時56分

☆Morryさん
差しさわりがあると面倒なので多くはコメントしませんが、役員の苦労は知っていても選手の日々の努力・苦労・苦悩には思いも至らないのでしょう。

発表が覆らないのは過去に枚挙に暇がありません。(それだけミスが多い。)

支部の問題とエントリー方法を改善しない連盟にも問題があると思います。

選手のために動かない組織の存在意義って何なんだろうかと思います。私ならそんな組織の役員に名を連ねるのは○×▽※~◇ですねぇ~。(笑)


Morryさんも薄々気付いていると思いますが、本来おとなしい人間ではありませんよ。内向的ではありますが性格は非常に攻撃的です。(爆)

結果が覆らない以上時間の無駄なのが分かっているからゴネないのを担当者は勘違いしないで貰いたいですね。腸は煮えくり返っていますから・・・。

まあ来年からはしっかり自己防衛します。


皆さんにはお見苦しい文章で申し訳ありません。ご心配頂きありがとうございました。

投稿: Monday | 2010年8月 3日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/35982765

この記事へのトラックバック一覧です: その後:

« ’10年東海フィールド選手権 | トップページ | その後のその後 »