« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

近射6日目

近射6日目。今日はテンポ良く射って80射。

しかしテンポを上げるとなぜか射ち起こしからリリースまでのタイミングまで早くなってしまう(笑)意識してテンポを作ろうと思うと結構難しい。

あとは難しいと言うか全く分からないのが引き尺だ。1インチくらいは前後しても
極々普通に射ててしまうがどこが良いのかさっぱり分からない。今まで色々試しているが明確な違いを体感できていない。

地道に点取りしながら探るしかないかな。誰か引き尺はこう決めたという人がいたら教えてください。


虫刺されは、刺されてすぐに毒を搾り出したのが良かったのか、大して腫れずに済みそうです。次回からはしっかり搾り出したいと思います。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

近射5日目

近射5日目、今日は休み休み80本。

タブのコンディションを管理していなかったので、リリースの指の感触は最悪だけど右手の指先の感触以外は割と良い感じで真後ろにリリースが切れている。

が、無心に射っていると良いテンポで射てるのだがすぐに煩悩が顔を出す。ポジティブにクリッカーを落とすか、ネガティブにクリッカーが切れるのを待つのか、同じリリースでも雲泥の差がある。

きっとアーチェリーを続ける限り、ずっとこんな煩悩と葛藤し続けるのだろう。(笑)そしてポジティブに射てている間は押し引きの方向が分かるが、ネガティブになった瞬間それが全く分からなくなる。結果は言わずもがなである。

願わくはポジティブに、楽しく1射々々の中り外れに一喜一憂するような、子供の的あてのようなアーチェリーがしたいものだ。


日曜日の虫刺されはやはり蚊ではないようで少し腫れてきた。抗生物質の軟膏で湿布し様子を見ているところ。まあパンパンに腫れても冷湿布を追加するしか手は無いんだけど・・・。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

S尾杯

今日は県ア協のS尾杯、もちろん審判だ。

朝、射場についてさあ虫除けでも塗ろうと思ったらすでに刺されている!
しかも血が出ている!!!
も、もしや・・・・・ブヨでは?!!!!
(蚊は口を刺して血を吸うので血は出ないが、ブヨは噛んで出血した血を吸うので血が出る。)

毎年のようにここの射場で刺されていて毎回パンパンに腫れてしまうのだが、去年は刺されなかったので油断していた!!!!!
(腫れるか、蚊に刺されたのと一緒かは、体質によるみたいです。自分は最悪。orz)

とりあえず噛まれたところを強くつまんで気休めに毒を出しては見たが、明日が勝負か?(泣)

あっ、試合は盛況で3立ちで行われ何事も無く終了しました。
(一部、高校生の矢探しに行って災難にあった審判の方がいましたが・・・。(笑))

Pict1033_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

近射4日目

全日社会人フィールドの結果が全ア連のサイトにアップされましたね。
参加された皆様、お疲れ様でした。やはり自分の名前が無いのは悔しくもあり、寂ししくもありますね。

完全週休2日の私にはシルバーウィークって何?、という感じで通常出勤しておりました。(泣)火曜日はちょっと遠出の出張で乗り慣れない社用車に他人の運転で長時間座っていたせいか、腰に違和感が出て近射を控えていました。

今日は1週間ぶりに何とか近射60本射てました。特に筋トレはしていないのですが本数は伸びて行きます。とりあえず無理して筋トレは始めずに、近射だけでどこまで射てるようになるか試してみようか?などと思っています。(笑)

Dsc_9451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

近射継続中

1日おきに近射を継続中です。

本数が少ないので腰に影響がないだけかもしれませんが、今のところ特に痛みも違和感もありません。

今日は50本射てました。しばらく様子を見ながら続けて、問題なさそうであれば本格的に筋トレを始めようと思います。

※写真は国宝犬山城です。
Dsc_9275_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

5ヶ月ぶりの近射

何か無性に射ちたくなったので5ヶ月ぶりに自宅で近射をする。

今年のインドアはもももさんに借りたリムで31ポンドで射っていた。借りていたリムは返してしまったので、手持ちのプロセレのリムをX-Factorに最弱でセットして34.5ポンドとなった。

何とか30射。とりあえず引っ張ってクリッカーを落として離す。う~ん、楽しい。(笑)
腰の調子を伺いつつしばらく近射してみるか。



今年のインドアは腰の調子が良くないこともあり、ポンドダウンして気楽に射とうと弱いリムを借りて射ったが、弱い弓を射つにはそれなりにテクニック(慣れ)が必要であり、あまり良い結果にはつながらなかった。

筋力的には楽なはずなのに、クリッカーがなかなか切れず射ち残したり時間外発射してみたり、なぜかメンタル的に散々な結果だった。

結局弓が楽に引ければ中るかと言うとそんなことはないと言う結果になったかな?何よりも消極的な射ち方が一番いけないのだと思う。中ろうが中るまいが、的に弓を押し込むような射ち方をしないとダメですね。

恐々射って外すより自信を持って射って堂々と外しましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【決定版】ノッキングポイントの作り方

初心者の人にはノッキングポイントを作るのが難しいのか、検索エンジンから「ノッキングポイント 作り方」と言うキーワードでここに来られる方が、少なくとも2日に1人はいる。

過去にテーピングのテープを使った作り方を紹介したが、現在は違う方法で作っている。サービング原糸を使う方法だが今のところベストだと思っているので紹介します。

ストリングにゲージをセットして適当な長さに切ったサービング原糸を1回結ぶ

②次にストリングの向こう側で結ぶ。手前・向こう・・・と順番に手前4回向こう側3回結ぶ

③最後の結び目を瞬間接着剤で止める。この時センターサービングには接着剤が付かないようにする (理由は後述) 念のため向こう側の最後の結び目も止める

④余分な原糸を切って下側完成

⑤矢をつがえて
適当な長さに切ったサービング原糸を1回結ぶ

⑥下側同様に手前4回向こう側3回結ぶ

下側同様瞬間接着剤で止め、余分を切って完成

ノッキングポイントとセンターサービングを接着しない理由だが、適度な強さ(割りときつめ)で結ぶとリリースでは動かないがノキングポイントの位置を動かしたい時に、ボルトに通したナットのようにつまんでねじれば位置を調整できるから。
 

1/16インチでも1/64インチでもなく、無段階でいつでも位置を調整出来ます。作り方も非常に簡単です。

ノッキングポイントの位置(高さ)をチューニングしたことがない人は是非試してみてください。ビックリするぐらいグルーピングが変わるかも
知れません 

Nocking_point

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

バイクでリハビリ中

皆さん、大変々々ご無沙汰しています。
更新していないのに定期的にご訪問いただいている方、申し訳ありません。

おかげさまで通常の生活では腰の痛みもほぼ感じることがなくなってきました。何となくではありますが、弓を引くときの左右の腰の負担の差や1日立ちっ放しと言う状況が腰に負担を掛けているのかなぁと最近は考えています。

まだ弓は引き始めていませんが、8月の連休からバイクでリハビリを始めています。ベアベアさんが乗馬で坐骨神経痛を治したと言うのを聞いて、自分は鉄の馬で行ってみようと言うことで・・・。

激しい運動よりはあまり動かずに緊張している時間が長いほうが
実は意外と腰への負担は大きい気がしています。

去年の秋は加減速で腰のポジションが動くたびに、腰にビリビリと電気が走っていましたが、最近は適度の疲労感が心地よいと言った 感じです。しかし春先のように一旦痛みが出ると戻るのに1月とか2月とか掛かってしまうんで、なかなか思い切って先に進むことが出来ません。


そして夏を越え、これから寒くなっていく状況で腰の状態がどうなっていくのか、予想がつきません。また、不真面目ながらもそれなりにストイックだった競技生活を一旦離れてしまい、怠惰な生活に慣れてしまうとなかなか元に戻れなかったりします。(笑)

とりあえず弓を引く筋肉の筋トレを徐々にしながら、この先どうしようか考えて行こうと思います。


P9050067


P9050034


P9050101

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »