« 射ち込み | トップページ | 引けてきた! »

2007年1月21日 (日)

審判講習会

今日は3級の新規審判講習会だ。

講習の内容的には何も問題は無い。ただ審判の人手不足は深刻なようで、新規審判講習を毎年開催してもこのまま自主参加で続けたのでは、数年後に今と同じ回数の公認試合を開催するのは難しくなるのでは?

県の審判部の方は優しいので選手のために無理をしてくれているようだが、その一方で審判資格を持っている人の数が着実に減っているのは事実であり、いつかは破錠を来たすだろう。

突然試合数が減るくらいなら(個人的には)公認試合参加2年目からは、各自1試合は審判をすることを義務化するとかを考えても良いのではないかと思う。(早々に全日の出場権を得て残りの試合は審判に廻れればベストだが。(笑))

他県の試合に出るから公認をと言う人もいるだろう。では地元の試合が年々減っていっても構わない?5年後にはきっとアーチェリーを止めている?(笑)

県の役員の方も具体的な方針を示す時期だと思うし、参加する選手も一度良く考えないといけない時期なのではないかと思った1日でした。

|

« 射ち込み | トップページ | 引けてきた! »

コメント

うちの支部についてお話しましょう。
うちの県の私が入っている支部については審判の資格受講についてはもちろん自主参加ですが選手3年目から年齢が達していれば審判講習の案内は送ります。
また、選手役員登録に限らず年一回は大会役員の年間行事に従って派遣を割り振ります。もちろんオリンピック選手でも例外はありません。ですからそのような選手でもちゃんと資格をもって審判など行っています。資格がないと大会が始まると使い勝手が悪いので・・
もともとアーチェリーをやりたい人が集まっているのでお互いですねということで役員当番の無い方は無い方法になっておます。もちろん複数回受けていただける方もおられます。
やはり資格を受講されない方はいますが当番は外れません。初心者も資格をもっていない人も役員は割り振りますが雑用になりますね。人数はわずかですが・・・・

投稿: しんちゃん | 2007年1月25日 (木) 07時38分

書き込みありがとうございます。
私の思うようなことを実践されているところがあるんですね。

うちの県ではしばらく新規の審判講習会は開催されていなかったようなんですが、先行きに危機感を感じて今年からは毎年開催していくようです。

協力できることは積極的にしつつ、成行きを見守ろうと思います。

投稿: Monday | 2007年1月25日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174367/5025840

この記事へのトラックバック一覧です: 審判講習会:

« 射ち込み | トップページ | 引けてきた! »